納豆の効果と効率の良い食べ方、食べ合わせで栄養アップ

【納豆の歴史】

聖徳太子が愛馬に餌として与えていた煮豆の余ったものをもったいないと思い藁に包んでおいたら発酵して糸を引く豆になっていて、食べてみたらおいしかったので人々に広めたと言われています。江戸時代には納豆の商品化が始まり現代と同じように朝食で食べられるようになったり、納豆売りという納豆を売りに歩く承認もいたそうです。

【納豆がもたらす様々な効果】

納豆のネバネバは身体に良い働きをする成分は含まれています。その一つが納豆キナーゼです。タンパク質分解酵素の一種になります。納豆キナーゼは血栓溶解のほか、血圧を降下させる力や結構促進にも効果があると言われています。そして食物繊維も豊富ですので美容効果も抜群です。

【納豆の効率のいい食べ方】

納豆は種類も豊富で地域によっても食べ方が違います。普通に食べても健康的ですがどのように食べれば納豆を効率的に食す事ができるのでしょう。

ベストなのは賞味期限ギリギリに食べる事

納豆はパックの中でも発酵し続けます。賞味期限ギリギリ頃が納豆に含まれる栄養分がピークになる頃なのです。

朝よりも夜ごはんに。乳酸菌と一緒に食べよう

就寝中は筋肉が動かないので血液が固まりやすい状態になります。納豆キナーゼの効果を期待するなら夕食がオススメです。納豆キナーゼは食後10~12時間働くことから睡眠時間によく合います。

そして納豆菌は乳酸菌の増殖を助ける働きもしてくれるのでキムチやヨーグルトなどの乳酸菌が豊富な食材と合わせて食べることで栄養が強化されます。

「キムチ納豆」「ヨーグルト納豆」を食べてみましょう。

ヨーグルトに納豆は抵抗があるかもしれませんが、食べてみると口当たりがよく食べやすいです。
乳酸菌は耐酸性が低いため胃酸に弱く、腸内に達する可能性が低いため酸に強い納豆菌は乳酸菌をサポートし腸内バランスを整えてくれます。ですので納豆+乳酸菌は非常に健康的なおかずになるのです。

熱は加えずに

納豆の栄養は熱に弱いです。加熱調理をする場合は70度以下の状態で加えるのがポイントです。お皿に盛ってから混ぜ込む、火を止めて粗熱が冷めてから投入するなど工夫をしましょう。納豆には健康のために有効な働きをする成分が豊富に含まれているため毎日積極的に食べましょう。”

コメントを残す